シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleのサポートセンターに問い合わせてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




iTunesでダウンロードが出来ない

そろそろ夏に向けて新しいプレイリストでも作ろうかと思い、いつものようにiTunesでダウンロード・・・と、「iTunes Storeにサインイン」パスワード入力の画面に切り替わります。ここまでは、うん、いつも通り。・・・ではありませんでした。

なぜか、今度は質問に答えて欲しいとリクエストされていらっしゃいます。その質問内容とは、例として3つほどあげてみると、(例)初めて飛行機で行った場所はどこ?(例)幼少期の友達の名前?(例)小さいころの呼び名というような質問だったと思います。こんな感じで2つの質問が出てきたので、答えて「次へ」。

答えは、絶対に間違っていないはずです。なのに、なんで?答えが一つ、もしくは両方間違っているとおっしゃっています。いやいや、合ってるはずだって~(-_-;)と所詮iPhone相手に言ったところで答えは返ってきません。

Apple IDにロックがかかった

あちこちいじっていたら、今度は、ロックがかかってしまいました。もう、最悪。ネットで調べたところ、ロックはおよそ8時間後くらいに、自動で解除され再度、パスワード入力が可能になるらしいことが分かりました。

そして待つこと8時間、ちゃんと入力できるようになっているではありませんか。よし今度こそ、入力間違いが無いかよく確認しながら再度チャレンジ!

結果は変わらずでした。改めて色々調べていたら、たどり着いたのは復旧用メールアドレス。復旧用のメールアドレスにあらかじめアドレスを登録している場合に限り、ここに復旧方法についてメールをもらえ、そこから作業が出来るという事を知りました。

メールアドレスを登録していた私は早速メールを送ってもらうことに。ところが、何度チャレンジしても一向にメールは届かないのです。不思議に思い、復旧用のメールアドレスを確認したところ、なんとまさかのスペル入力ミスが発覚しました。これじゃ、メール届かないですよね<(_ _)>

それじゃ、一体どうしたらいいの~?

Appleに連絡してみた

なんか、Appleというと、iPhoneとかで使うものであって、直接電話をしたり、メールをしたりするところというイメージが無いですよね。

ほんとに、連絡しちゃっていいのかな?とか、なんかちょっと電話しにくい、などと思ってしまいませんか?

でも、私の今の状況、もうお手上げでした。連絡するしか選択肢はありませんでした。
覚悟を決めて、いざ、電話!!!

・・・あの、Appleさんて、どれだけ恐ろしい存在ですか?ちょっと、大げさすぎません?
・・・あの、Appleは、和訳で「リンゴ」です。恐ろしくないし、怖くないから大丈夫。

(Appleさん、失礼しました)

Apple サポートセンター(日本)連絡の取り方

Appleに連絡するといっても、連絡先はどこ?という皆様にご案内です。

「電話を下さい」と、ネットでAppleに連絡します。

2016062604

その際、画面が英語表記だったりすると何が書いてあるかわかりませんし、もしかして、電話も海外から英語でかかってくるのかと心配になってしまうかもしれませんが、ご安心ください。

ちゃんと日本語で、お姉さんらしき人が、的確に対応してくれます。親切でしたよ!

<問い合せ先URL>

Appleサポート 公式サイト ー Apple Support

1.上記Appleサポートに接続します。


2.メイン画面を下の方にスクロールすると、下のように「お困りのときは」がありますので、「こちらから」をクリックしてください。

2016062603


3.「何についてのサポートをご希望ですか?」
該当項目を選択してクリックすると次の画面に進みます。(今回はAppleIDで説明します)


4.「Apple IDについてどのような問題がありますか?」
該当項目を選択してクリックすると次の画面に進みます。(今回:AppleIDの変更)


5.「どのサポートをご希望ですか?」(今回:今すぐアドバイザーと話がしたい)

2016062602

[補足]

・今すぐアドバイザーと話がしたい場合、その際の待ち時間が表示されます。今回は5分となっています。私の時は、2分の表示でしたが、連絡先を送信後ほんとにジャスト2分で連絡が入りました。この機能は、とても便利で素晴らしいと思います。いつ、つながるかもわからないメロディーと音声の案内とは違いますね~!さすがです。


6.「今すぐアドバイザーと話がしたい」

2016062601

[補足]

・「続ける」をクリックすると、ここに入力した電話番号に連絡が入ります。電話番号の欄には「+81」とありますが、ここに続けて、携帯番号などを入力してください。尚、「+81」は「日本」という意味です。
・電話は、きちんと日本人が対応してくれるので、ご心配なく!

まとめ

色々な不安をかかえつつ、どうにもならなくなって、Appleサポートセンターに連絡した結果、ちゃんと電話がかかってきたし、日本語だったし、丁寧に説明してもらって、満足でした。勿論、AppleIDも復活し、iTunesからのダウンロードもOKになりました。

サポートセンターの方が言うには、iPhone本体を変えたりした場合にこのようなケースが多いとか。実は私、少し前に落として破損し、買い替えておりました。どうやらこれが一番の原因だったようです。

このような事があったので、載せてみました。参考までに・・・^^。

アドセンスの一次審査の申請方法を、実際の経過をもとに記しています。初めて申請、不承認で再度申請される方はぜひ参考にしてみて下さい。初心者の方向けです。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。