シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢と体重

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




変わってないという思い込み

いつもと変わらない食事量・・・。
仕事と家事に育児、変わらぬ毎日の生活・・・。

何も変わらないはずなのに・・・

気づけばいつの間にやら増えている。

%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-1

おかしいな?
食事量も活動量も同じはずなのに・・・。

同じはずなのに、増えた体重。

でもよ~く考えたら、ひとつだけ・・・
確実に変わったものがある。

それは年齢。

そう、これはもう、

加齢に伴う体形の変化!!!
加齢に伴う基礎代謝の低下!!!
加齢に伴う・・・・・・・・

もう、加齢加齢ってうるさいわね。
しかも、連呼しないでよ~!

%e6%95%b0%e5%ad%97

???・・・加齢・・・ですって?

「ちょ~嫌な言葉~~~!!!(怒)」
「ちょ~嫌な感じ~~~!!!(汗)」

せ、せめて、

・・・もう少し別の言い方出来ないのかしら・・・?(泣)

加齢が体重に及ぼす影響

①筋肉

加齢による筋委縮により、筋肉の低下が起こります。

筋肉は主に「速筋線維」と「遅筋線維」とに分けられます。

●速筋線維(大きな筋肉)・・・瞬間的に大きな力を発揮するもの
●遅筋線維(小さな筋肉)・・・長時間、持続的に力を発揮するもの

加齢による筋委縮は、速筋線維に起こりやすくなります。

人は摂取エネルギーが不足すると、カラダについている脂肪を分解しエネルギーに変える機能があります。
その時必要となるのが、筋肉です。筋肉の働きにより、脂肪を分解し必要なエネルギーに変えることが出来るのです。

%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc-2

大きな筋肉が少なくなるということは、脂肪を分解する力が弱くなることでもあるのです。
本来、エネルギー不足が起きた時に分解されてエネルギーと化し無くなるはずだった脂肪は、筋肉が足りないために分解までに至らず、カラダに残るということになるのです。

つまり、

筋肉の低下や筋肉量の減少は、カラダを痩せにくくしてしまうのです。

②基礎代謝量

加齢により、消費されるエネルギー量が低下します。

基礎代謝量とは、生命維持に必要なエネルギーの事です。何もしないでいても消費するエネルギーの事です。
摂取するエネルギー(食事)が変わらないのに、消費されるエネルギー(基礎代謝量+生活強度)が低下することで、余ったエネルギーは脂肪となりカラダに蓄積するのです。

カロリーと基礎代謝量について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カロリーとは
ダイエット ダイエットと聞いてまず気になるものは体重です。ヘルスメーターの数字を見て、ここが気になるな、これが余分なのかな?と溜め込んだ脂...
同じ体重であっても、筋肉量が多い方が、基礎代謝量は大きくなります。そのメカニズムは「①筋肉」で記述したとおりです。

つまり、

筋肉量との関係が大きく、筋肉量が減少すれば基礎代謝量も減り、カラダを痩せにくくしてしまうのです。

③体形

体重が増えた事に気が付いた後、よく取る行動のひとつがコレ。

ちょっとつまんでみると
「あれっ、前にはなかったわよね。ここのお肉・・・」

ちょっと揺らしてみると
「二の腕、太もも、なんだかタプタプ揺れてるし・・・」

後姿を見てみれば
「なんだかモッタリとしていて締まりがないし・・・」

若い頃にはあり得なかった未知の領域に入り込んでいるヘルスメーターの数字。

%e9%8f%a1

恐る恐る鏡に全身を映してよ~く見てみれば、まさかの事態。

「こんなのあり得ない」

「こんなところに・・・いつの間に?・・・」

そして最も多く見られるのがお腹のポッコリ。

体のラインが出にくい服を選ぶこと、いわゆる「着痩せ」効果を考えて取り入れてはいるものの、根本的な解決にはならないし・・・。

例えば、
腹筋が無い場合は、本来あるべき場所に内臓を支えておく事が出来ず、内臓が下に下がるため、ポッコリお腹になります。また、足を使う事が少なく筋肉が減少すれば、足は細くなります。
筋肉量が減るということは、基礎代謝量が減ることになるため、脂肪が付きやすく燃焼しにくい体となります。

この結果、

足は細いけれどお腹はポッコリ・・・の出来上がり。

%e6%b4%8b%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%81%a8%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4

これらはいわゆる

「洋ナシ体形」「りんご体形」

あるいは、

「すんどう」?とか「ハニワ」、「浮き輪」・・・と呼ばれるものが出現するのです。

やはり、筋肉って、とても大事なものですね~。

まとめ

筋肉量を維持していくことは大切な事、日頃から適度な運動を心がけていきたいものです。

ランニング2

そうそう、思い出しました。
この記事の最初の方で言っていた「加齢」について・・・。

???・・・加齢・・・ですって?

うっわー、

「ちょ~嫌な言葉~~~!!!(怒)」
「ちょ~嫌な感じ~~~!!!(汗)」

せ、せめて、

・・・もう少し別の言い方出来ないのかしら・・・?(泣)

と、いう事でしたよね。

年齢を重ねる・・・

とか

お年を召される・・・

に置き換えたら、ちょっとは上品に聞こえるかしらね~。
どうかしら?
相手によっても使い分けないと失礼に当たる事もあるので言葉づかいには気を付けて!

・・・でも、

何と言おうが、表現が違うだけで、結局中身は変わらないんですけどねっ!(笑)

1日3食は現代でも必要なのか?
空腹じゃないのに理由を付けてまで食べる事 寝起きでまだ空腹を感じなくても朝食、お腹はまだ減っていないけどお昼休みだから昼食、という光景はど...
秋とまらない食欲
秋といえば 秋と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか? 「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」・・・ ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。