シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お盆とは

日本人にとって大切な行事の一つの「お盆」。お盆になると、お墓参りをし、堤灯に灯りをともし、お供え物を飾ります。お墓参り自体はお盆だけに限ったことではありませんが、なぜか、お盆のお墓参りには特別なイメージがありますよね。そもそもお盆という言葉はどこからきたのでしょうか?

a219a1b6b4cfbeae112127301742dcdb_s

「お盆」と呼ばれるわけ

「盂蘭盆」はサンスクリット語(インド)の音写語と言われています。祖先や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるように供養する法要の事を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ぶそうです。

釈迦の出来の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救う話に由来しており、釈迦の教えどうり夏の就業が終わった7月15日に僧侶を招き、多くの供え物をささげて供養することで母親は極楽浄土を遂げられたというお話です。これ以来旧暦の7月15日は、供養をする重要な日となったそうです。

日本ではこの「盂蘭盆会」を、「盆会」「お盆」「精霊会」「魂祭」「歓喜会」などという呼び方や、各地の祖霊信仰の風習や豊作への感謝する農耕儀礼などが加わり、今に至っています。一般的には、お盆には先祖や故人の霊が帰ってくると考えられています。

「初盆」「新盆」とは

人がなくなってから49日の法要が終わってから最初に迎えるお盆の事を「初盆」または「新盆」といいます。「初盆」は(はつぼん)、「新盆」は(あらぼん・にいぼん・しんぼん)と呼び、家の門口やお墓に、白一色の提灯を立てます。初盆・新盆以外は白と赤が入った提灯を立てるなどの風習もあります。

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s

お盆の期間

一般的には新暦8月の13日から16日頃

8月15日前後は、平日であっても休日になるところが多くあります。児童や学生は夏休み期間中である事がほとんどですが、祝日でもないのに、会社は休日同様に扱われお盆休みとすることあります。このことからも「お盆」は日本人にとってかかせない民族行事であり、民族の大移動が発生する期間であるといえるでしょう。いっそのこと、国民の祝日にしてしまってもよさそうなくらいですね。

13日の夕方:迎え火を焚き、御祖先の霊を迎える
期間中 :お経や飲食の供養をする
16日の夕方:送り火を焚き、ご先祖様に帰ってもらう

キュウリナスビのお飾り ”精霊馬(しょうりょううま)

・キュウリは”馬”

少しでも早く迎えられるようにとの願いを馬に例えた

・ナスは”牛”

帰るときはのんびりととの考えから牛に例えた

お中元とは

37b4022aa275917352120dc63ae046f4_s

江戸時代に入ると「お盆」としての行事が民間でもさかんに行われるようになり、「盆礼」といって親戚や知人の家を訪ねて進物を贈答することが行われたそうです。この盆礼が伝わった現代のかたちが「お中元」といわれています。

お盆に踊る盆踊り

盆踊りというくらいですから、なんとなくお盆に踊るものという感じはしますよね。
実は、盆に踊るという行動は、「踊り念仏」だといわれています。はるか昔の平安時代に「踊り念仏」が始まり、鎌倉時代には「念仏踊り」として一気に広がったそうです。

各地に広がった盆踊りは、その土地の特性や風習なども組み込まれ、それらは、「○○音頭」と呼ばれ、その地域独特の盆踊りなどに発展していきました。また盆踊りは、踊る事で帰ってきたご先祖様の霊を慰め供養するだけでなく、豊作祈願により自然の恵みへの感謝する機会でもあったのです。

まとめ

お盆は、日本の大切な行事の一つです。この行事のために、帰省ラッシュなどが起こります。お墓参りのために帰省するつもりが、道中事故に巻き込まれてしまった、などという事がないように十分に注意したいものです。

また、お盆となればお盆休みがもらえるので、お墓参りを兼ねつつ家族で旅行をするという方もいることでしょう。各地で夏祭りや花火大会なども開かれている事も多くあります。はっきりいって子供たちにとっては、楽しみの方が多いこの期間。ご先祖様に手を合わせつつ、子供たちも元気に楽しく過ごせるよう、事前に計画をたてておきたいものです。

515c1798e675d5a3662f0de0b73fe5eb_s

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。