シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来月には夏休み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




6月の天気

6月は梅雨の季節という事だけあって、雨の日が多いし、空は毎日どんよりとして、頭が痛くなりそうな天気が続きますよね。こんな時こそ、室内で出来る運動でもして、気分を変えたいものです。
頭では分かっているのに、行動が伴わないんですよね。

運動は、しないよりしたほうがいいに決まっているのですから、そんな事いちいち言われなくてもわかってるんです。
でもね、やりたくないものはやりたくないんです。・・・だから、しょうがないでしょ~。

・・・と、こんな感じなんですけど、・・・さて、どうしましょうか?

猫困った

来月には夏休みに突入!

ほんとに、早い、早い!
そうです。あとひと月ほどで夏休みがやってきますよ。予定はお決まりですか?

冬休みや春休みとはちょっと違って、解放感もあり、まとまった長期の休みである夏休みを子供たちはとても楽しみにしています。
幼児は、まだ一人での行動が難しい年齢であることに対し、小学生にもなるとある程度は自分で考えて行動が出来ます。また、保護者との約束やルールも守れるようになってきます。
逆に中学生にもなると、部活や勉強で時間にも制約が出てきます。
このことからみても、特に小学生のお子さんがいるご家庭では、イベントごとが増える傾向にあります。家族旅行などをするのには、子供にかかる手間暇や、費用などの面からみても、大変適している時期なのです。

計画カレンダー

ジトジトベタベタの梅雨の期間、運動もやる気になれないそこのあなた、ぜひゆっくりと夏休みの計画を立ててみてはいかがですか?
計画が決まってくれば、おのずと旅行の準備で必要なものを考えたり、もう少し体力をつけておこうとか、気持ちが明るく、気分も晴れてくるかもしれませんね。

何より、子供たちにとって楽しい思い出が一杯できたらいいな~(^^♪ ←これが、母の喜びでもある(#^.^#)

どんな計画?旅行、海水浴、花火・・・イベント一杯

花火

え~、なんですか?ちょっと気分がウキウキになってきませんか?

なんか夏休みにしたいことが少しずつ浮かんできましたよね。

だんだん楽しくなってきた!・・・で、どんな計画?

こんな計画

「花火ひとつにしたって、花火大会を見に行くという選択肢もあれば、海辺で花火をするのもいいし、キャンプに行って花火もやりたいという考えもあります。そうそう、線香花火は夏の風物詩」

「海と言ったら、海水浴は外せません。釣りを経験する良いチャンスかも。」

「キャンプ?勿論バーベキューもやりますよ。こんな日のお手伝いは、テント貼りとお肉を焼くこと、川遊びや虫取り・・・網やバケツを忘れずにね。」

・・・ねえねえ、楽しいこと一杯でしょ。自然メインでピックアップしてみましたけど、ほかには、テーマパーク、観光名所めぐり、温泉旅行と色々ありますね。

ほんと、色々・・・色々・・・

んっ!・・・なんか大事な事忘れていませんか(ー_ー)!!

忘れているものは何ですか?

色々楽しいイメージが湧いてきたところ、申し訳ございませんが、ちょっと、大事な事を忘れていませんか?

♪ジャーン、ジャ、ジャーン!!!♪ それでは、発表します。

小学生の夏休み、大変な事(嫌な事・嫌いな事)BEST3

第三位→ 宿題(ワークとかドリルとか自学)

第二位読書感想文・一行日記(天気と文章)

そして、第一位に輝いたのは、例年トップの座は外せない

第一位自由研究

以上「小学生の夏休み、大変な事(嫌な事・嫌いな事)BEST3」でした。

・・・という事で、小学生をお持ちのご家庭では、自由研究に頭を悩ますことがよくあります。

自由研究

ほんとは、全部本人が一人で出来ればいいのですが、これが、なかなか難しいんですよね。保護者が何かと手伝うことになるのです。しかも、工作系などによく見られるのは、やり方を教えるつもりが、いつの間にか親のほうが熱中してしまい、出来上がったものの、誰の作品かわからなくなってしまうケースです。心当たり、ありませんか(笑)?
是非、夏休みになってから決めるのではなくて、今年は、先取りしてしまいましょう。

夏休みの楽しい計画と一緒に、自由研究について、テーマを決めてしまうのです。テーマさえ決まってしまえば、あらかじめ必要なものを揃えておけますし、すぐに取り掛かる事が出来るのです。
先取りすることで、子供たちにもそして自分にも余裕が生まれます。なんてこと無いちょっとした余裕なんですけど、忙しくストレスが多い現代では、意外と大事なことだったりするんですよ!

まとめ

夏休み、「家族での楽しいイベント事」と「学校の課題(自由研究のテーマや読書感想文の図書など)」は一緒に計画をたてて、スムーズに取り掛かれるように下準備をしておきましょう。

最後にもう一度

何より、子供たちにとって楽しい思い出が一杯できたらいいな~(^^♪ ←これが、母の喜びでもある(#^.^#)      by hiro

追伸:もうすぐ父の日ですよ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。