シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕の星物語、織姫と彦星は恋人ではなく夫婦だった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

7月7日七夕(たなばた)

七夕といえば、7月7日。天の川に織姫と彦星、笹には、色とりどりの飾りと短冊。なんとなくロマンチックなイメージですよね。年間行事の一つとして慣れ親しみ、七夕祭りや七夕集会などを楽しむ光景も見られます。

しかし、この七夕、もともとはどこの国の行事なのでしょうか?ちなみに、既に今年は過ぎてしまった母の日と父の日はアメリカ、そして、子どもの日は中国でした。

実は、七夕も中国からの言い伝えに、日本の文化や習慣と結びついたものが、現在の七夕の形となっているようですよ。少し詳しく見ていきましょう。

織姫と彦星の星物語

天の川

天の川の西側に住む「織姫」

機織の名手で、美しい布を織りあげては父、天帝を大変喜ばせていそうです。

天の川の東側に住む「彦星」

働き者の牛使いでした。

二人は恋人ではなく夫婦だった

天帝は娘、「織姫」の結婚相手を探していました。そして、「彦星」を引き合わせ二人はめでたく夫婦となったのです。

なぜ年1度しか会えないのか

結婚してから、二人はとても仲睦ましくあるばかりで、全く仕事もしないでいました。これに怒った天帝が天の川を間に二人を離れ離れにしてしまいました。しかし今度は、悲しみに明け暮れるばかりの二人。これ見かねてを不憫に思った天帝は、七夕の夜だけ再会することを許したのです。

星座(夏の大三角形)

天の川2

「夏の大三角形」
・織姫(ベガ):こと座
・彦星(アルタイル):わし座
・カササギ(デネブ):はくちょう座

二人が再会する際は、天帝の命を受けたカササギの翼に乗って天の川を渡っていたそうです。

つまり、年に一度七夕の夜に、彦星はデネブ(はくちょう座)に乗って天の川を渡り、織姫に再会しているという事になりますね。

七夕は中国の「乞巧奠(きっこうでん)」

織姫と彦星の再会を祝い、中国で開催されるようになった行事のことです。

・「乞」→願う
・「巧」→巧みに
・「奠」→まつる(織姫のように機織りが上手になるように、手習い事が上達するように)

日本には、奈良時代に遣唐使によって伝えられたといいます。日本では、「乞巧奠」を宮中行事として取り入れられるようになったそうです。

七夕とは「棚機(たなばた)」と「七夕(しちせき)」

7月七日、七夕(たなばた)とは、日本の文化も入り交じり当て字化されたもの。

棚機(たなばた)

旧暦の7月は、麦の収穫期・稲の開花期などのとても大切な時期。そしてお盆。
お盆に先立ち祖霊を迎えるために、乙女たちが水辺の機屋にこもって穢れを祓い、機を織る行事が行われていました。
その際、水辺の上に棚を作って機を織ることを「棚機(たなばた)」と呼んでいました。

七夕(しちせき)

7月7日の夕方を表すものとして「七夕(しちせき)」と呼ばれていました。

笹やお飾り、短冊

お飾り

なんとなく七夕について理解してきたように思いますが、ここでふと疑問が・・・。七夕につきものの「笹」「お飾り」「短冊」
・・・どうして、笹にお飾りつけ、短冊を下げ、お願い事をするようになったのか?

願い事

手習い事を学ぶ機会が増えたり、寺子屋ができ子供たちが学ぶ機会が多くなった江戸時代から、織姫にあやかり、星に願うようになったそうです。

なぜ笹?

七夕よりもずっと古くから、日本では笹(竹)は神聖なものとして大切に扱われてきました。

笹(竹)は根強く、繁殖力も強く風雪寒暖にもとても強い植物です。たくましい生命力と神秘性から笹(竹)は神事にも使われてきました。また、笹の葉の擦れあう音は、神様を招くとされ神聖なものとして扱われてきたようです。

お飾り

カラフルで種類も多くとてもきれいですよね。そして、夜などにはなぜだか神秘的な印象も受けます。実は、お飾りひとつひとつに由来があるそうです。いくつかご紹介しましょう。

・折鶴:長寿を願う
・神衣:裁縫が上達。災いを人形に移す。
・網飾り:豊年豊作大魚
・吹き流し:織姫の織り糸を象徴
・くずかご:清潔と節約を心がける

七夕が終わったら

笹の葉

お飾りを作り、お願い事を考え、笹への飾り付け。きれいに飾られた笹をたくさん眺めて十分に満喫されましたでしょうか?

七夕が終わると、葉からだんだんと黄色くなり、少しずつ葉が落ちてくることでしょう。さて、この笹やお飾りなどどうしてますか?

庭で燃やしたり、川に流したりしてはいけません。(川に流すと、天の川に通じるなどという言い伝えもあり、昔は川に流すこともあったようです。これを七夕流しというそうですね。ただし、現代は環境問題もあり、川などに流してはいけません。)
小さく切って、燃やすごみに出しましょう。お願い事を書いたのに、ゴミに出すのは忍びないとお思いになられる方は、もし可能であれば、神社に持っていくと、古いお札やお守りとともに回収して燃やす「お炊き上げ」をしてもらえます。(事前に神社に確認するとよいでしょう)

・笹:小さく切って束ねる
・短冊やお飾り:白い紙に包む

白い紙は「清める」「浄化する」という意味があります。

まとめ

星空

二人は、恋人ではなく夫婦でした。年に一度しか会えないという、そもそもの原因は二人が仕事をしなくなった事でした。自業自得?のような感じもして実は、思っていたよりロマンチックではありませんでしたね。中国から伝わり長い年月を経るうちに、どこか自分たちのいいように理解してしまっているのではないかとも感じました。星にお願い事とか、一年にたった一度だけとか、きれいな飾り付けとか・・・何でいうか、いいとこどり?みたいな・・・。

とはいえ、七夕行事は現代ではなくてはならないものかもしれません。

きれいにお飾りをつけた笹を飾り、星にお願い事をする、ちょっと夢物語のようなロマンチックの日や時間が、年に一度くらいあってもいいのかもしれません。いや、必要なのかもしれませんね。日々時間に追われている忙しい現代人にとっては…(笑)

今日は、これで、おしまい。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。