シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨お出まし”前”の3か条

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月になり、温かくとても過ごしやすくなりました。全身の筋肉が縮こまるような寒さも抜けて、心も体も開放されたように感じるこの頃です。

ゴールデンウィークが終わりも、早いものでもう、5月中旬。この過ごしやすい気持ちの良い毎日から一転、あとひと月もしないうちにジトジト、ベタベタの嫌~な季節がやってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第一条、冬物片付け・大物クリーニング

寒い冬の間は大活躍だったニットや防寒具は次のシーズンまでお休みです。

自宅の洗濯機でサッと洗えるものであれば簡単ですが、そうでないものは、早いうちのクリーニングに出しましょう。クリーニングは、出来る限り、天気が良くカラッとしている日に取りに行くのがベストです。

クリーニングに出せないもの、例えばブーツやバックなどは、晴天の日を狙って陰干しをしましょう。物によっては日に直接当てて、日光消毒を兼ねるのも良いでしょう。ただし、この場合は日焼けによる色落ちなどに十分注意してください。

第2条、収納スペース整理整頓

収納スペースはただ物を詰め込む場所ではありません。とても大きくて立派なクローゼットがあっても活かされてなければ、そこは、単なる物置かそうでしかありません。有効に活用が出来てこそ、初めて収納スペースとなるのです。

有効に活用するためには、「そのスペースの”どこに”、”何が”入っているのか」という事がきちんと把握されている事、そして、清潔が保たれていてそこに保管してあるものがいつでも使用可能な状態である事が大切です。

クローゼット

その為には、収納スペース内の風通りを良くしておかなければなりません。特に、壁と保管するものとの間はぴったりとくっつけず、隙間を開け風が通るようにしておきましょう。床面との間は、スノコなどを使うのも有効な手段です。埃は、水分を溜め込みカビ繁殖の手助けをすることになります。定期的なお掃除を心がけましょう。収納スペースは、クローゼット以外にもたくさんありますよね。下駄箱、洗面台周り、キッチン周り(キッチン下・食器棚・食糧庫・吊戸棚など)、押し入れ、タンス・・・後で、こんなところにカビが~!という事が無いように、ひと通りのチェックをお勧めします。

洗濯物
洗濯物が良く乾く時期 今日からゴールデンウィーク突入ですね。すでに、高速道路の渋滞が始まっているところもあるようです。我が家は本日、家族が...

第三条、水回りの衛生管理

一年を通して、水回りはどうしてもカビが発生しやすいところですから、梅雨の季節は尚更注意しなければなりません。

●キッチン

他の場所とは大きく異なる点、それは不衛生であれば食中毒などに直結するという事です。うちは気を付けてるから大丈夫という皆さん、洗った食器はどうでしょう?忙しくてパパッと拭いて食器棚にしまっていませんか?カビは湿気が大好きです。水筒が大活躍のこれからのシーズン。水筒のゴムパッキン周囲はどうでしょう?シンク回りの水滴やヌメリはカビ繁殖のもととなりますので、こまめに手入れし常にピカピカの状態を保ちたいものです。でも、ここでもっとも重要なのは、ピカピカである事よりも菌がいない事。まな板、包丁をはじめとする調理器具の消毒・除菌や食材の管理などにも十分に気を付けていきたいものです。

●浴室

体についたホコリや汚れを落とし、一日の疲れを癒してくれるお風呂。そこがカビがだらけだったら考えただけでもゾッとします。しかし、一度生えたら落としにくいのが、お風呂のカビ。それは天井、壁、床、シャワーホース、洗面器や湯桶、そして、お風呂の蓋。本当にこれ以上に無いというくらいお風呂の至る所に出現してくるのです。そして私も含め皆さんは、ゴム手袋をして”強力〇〇”などという洗剤を手にしてカビ相手に格闘をし、消し去ったと思ったらまた出現するという繰り返し。まるでイタチごっごですね。

バス

では、なぜカビが出現してくるのでしょうか?もともとカビの胞子は花粉などと同じように空気中に浮いています。ここに、湿気(水分)と汚れや埃(養分となるもの:炭水化物、タンパク質、脂肪、アミノ酸など)の二つの条件が揃うことで、カビが発生するのです。付け加えると、温度は20度から30度、中でも25度が最も繁殖しやすいといわれているようです。(低温でも発生しますので冷蔵庫も掃除も大切です。)このことから、お風呂がカビの絶好の環境であるという事がわかります。換気をすることや、浴室暖房などで室内を乾燥させておくことなどを心がけ、出てしまったカビは早めに落とすようにしたいものです。

●家電製品

水を使う家電と言えば、代表的存在なのは、洗濯機。続いて除湿機や加湿器といったところでしょうか。「●浴室」でも述べましたが、水がある状態でいるものですから当然カビは生えてきますよね。こちらも定期的な掃除が重要です。洗濯機は洗濯機用のカビ取り剤が市販されていますのでそれを用いるとよいでしょう。除湿機や加湿器と共に忘れていけないのはエアコンもフィルターです。ハウスダストの原因となる埃を取り除いておきましょう。尚、加湿器はこの時期出番はないと思いますので、よく乾燥させて、ホコリがかからないようにして収納しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?もう少ししてから・・・と言っているうちに梅雨はやってきます。めんどくさい事だからこそ、お天気が良くて気持ちのいい時にやってしまいましょう。そして、ジトジト、ベタベタの嫌~な時期が来たら、好きなことをしながらのんびり過ごすのもいいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。