シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨と頭痛

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅雨と体調

梅雨に入り、ジトジトベタベタする日も多くなってきました。

朝からどんよりとした空、湿度の高い空気。こんな日は朝から頭痛がする方も多いのではないでしょうか?

天気が悪い、頭が痛い、となれば当然仕事も趣味もやる気が起きないものです。

ではなぜ、天気によって体調が左右されるのでしょうか?

・・・そういえば、天気が悪い日は、膝が痛むとか、古傷が痛むとか、このような話を聞いたことがありますよね~。

雨

天気と頭痛

良くニュースで耳にする高気圧と低気圧。

気圧とは、気体による圧力。もっと簡単にすると、・・・空気の重さに押される力・・・

天気が良くなる→高気圧(空気が一杯詰まってる。だから重いので気圧は高くなります)

天気が悪くなる→低気圧(空気が薄いんです。だから軽いので気圧は低下します)

つまり、頭痛などが起きやすいのは、低気圧の時になります。

気圧が低下したとき、私達の体はどうなるのか?

頭痛

血管を抑えていた圧力も下がります。

圧力が下がる・・・という事は、

抑制されていたものが無くなっていく事・・・つまり、血管が膨張することに繋がるのです。

そして、膨張した周りは

膨張した血管に押されて、三叉神経などが刺激を受ける。

その結果、頭が痛い、という事になっていくそうです。

天気が悪い(低気圧)と、頭痛がするというわけなんですね。

空気が薄い?

低気圧のときは、空気が薄くなります。

例えば、高い山に行ったとします。標高が高ければ高いほど、空気は薄くなりますよね。そこで、質問!

空気の薄いところに慣れていない皆さんは、どうなると思いますか?

そうですね。疲れやすくなるのです。疲れてしまうのです。

いつもより、空気が薄くなることで、体は疲れやすくなります。

だから、

ねえ、少し休もうよ!ねえ、少し眠ろうよ!

と皆さんに呼びかけるんですね~^^

だから、

皆さんは眠くなるのです。睡魔に襲われるのです(笑)

天気が悪いとダル~イ

ここは、簡単に行きましょう。

皆さんの体はスポンジ化したとします(笑)

さあ、スポンジにな~れ。いざ、変身!!!

そして、外にいますよ。

晴天の時、梅雨の時、それぞれスポンジの状態はどうなるでしょうか?

晴天時→カラカラのスポンジです。そして何より「軽い」

梅雨時→ビシャビシャ?しかも、ずっしり「重い」・・・

梅雨時の皆さんはどうやらこの状態のようですね。

対策は

天気が悪くなる襲ってくる、ズキズキとした痛み。なんとかしたいものです。気圧の変化に強い体が出来れば一番いいじゃない!そうそう、それ!

スケッチブックを持つ 文字入り

気圧に影響されない体作り

血行を良くしておこう

血めぐりが悪いと、天候にかかわらず、頭痛や肩こり、腰痛などを起こしやすくなります。体を冷やさない、規則正しい生活、適度な運動を行いましょう。生活習慣病の予防にもつながります。

運動不足の解消

”不便を便利にする事”によって得られたものは、利便性と時間でしょうか?

では逆に、失ったものはなんでしょうね~?なんかしみじみと考えてしまいました。

意識して取り組まなければ、なかなか運動する機会がない現代社会、皆さん頑張りましょう!

情報の収集

女性OK

一番いいのは、やはり天気予報ニュースを把握しておくことでしょう。

いつ頃天気が崩れてくるのか、

それによって自分の体に起こる影響、

その時に備えておく

特に、その時(もしくは時間帯)に、旅行や大事な用事が重なっているようであれば、あらかじめ対策をとっておく必要があります。準備さえして備えておけば、ある程度落ち着いて対処していけると思います。

また、最近では便利なアプリも増えてきています。

「頭痛~る」という気圧アプリが人気のようですね。まだ、使用したことはありませんが、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

気圧によって体にも影響があるなんて、どんなに科学が発達しても、やはり人間は自然界の生き物なんだなあと実感しつつ、自分自身も大変勉強になりました。

梅雨が明ければ、夏本番です!夏の準備はOKですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。